中小M&Aハンドブック

我らが経済産業省が『中小M&Aハンドブックを策定しました』にゃ!

難しそうな名前だけど皆が好きなマンガにゃ。面白かったにゃ。

まぁ難しいこと考えずに読んでみるにゃ。

中小M&Aハンドブック
画像クリックで中小M&Aハンドブックに遷移
マンガの紹介事例
  1. 小規模企業において成立した事例
  2. 債務超過であるにもかかわらず成立した事例
  3. 適切なタイミングでM&Aを決断していればより好条件で譲り渡せた事例
  4. 事業の一部をM&Aにより譲渡し廃業費用を捻出した事例
  5. 廃業の意向から一転 支援機関からM&Aを提案され挑み成立した事例

後継者不足は深刻な問題にゃ。草加も例外じゃないにゃ。

後継者不足で廃業するせんべい屋
名前は伏せますが、後継者不足で廃業する草加せんべい屋さん

歴史ある草加せんべいのような事業が喪失されるのは悲しいにゃ…

中小M&Aハンドブックによると、経済産業省は中小企業診断士に2つの役割を期待しているみたいにゃ。

M&Aで中小企業診断士に期待されていることンドブック
M&Aで中小企業診断士に期待されていること
M&Aで中小企業診断士が期待されること
  1. 経営者が相談できる身近な支援機関
  2. 事業DD(デュー・デリジェンス) の作成

中小企業診断士の活躍の場が増えると嬉しいにゃ。最近経済産業省(中小企業庁) は中小企業診断士もPRしてくれるから嬉しいにゃ。

経営者の役に立てるように毎日勉学するにゃ。