窓口相談員研修

今日は埼玉県中小企業診断協会で窓口相談員向けの研修があったにゃ。

川口商工会議所とかのやつにゃ。診断士はスポットで窓口相談業務することも多いにゃ。

研修は診断士YouTuberの青木さんにも色々教えてもらったにゃ。他にも中小企業再生支援協議会の責任者の方にも講義いただいたにゃ。

中でもビックリしたのが小規模事業者持続化補助金にゃ。いつの間にか意味不明なことになっていたにゃ。

複雑になった小規模事業者持続化補助金
  • 従来は一般型のみであった (ゆたたみ支援経験有)
  • コロナウイルスのせいで色々追加
    • コロナ特別枠 (ゆたたみ支援経験有)
    • 事業再開枠 (なにそれ?)
    • 追加対策枠 (なにそれ?)
  • 一般形と枠がこんがらがって意味不明に
  • 2021年度は分かりやすくなることを願います

YouTubeでも配信されているにゃ。

あと実例を踏まえてロールプレイングをやったのが勉学になったにゃ。

大変だけど実務経験は楽しいにゃ。分からないことがあれば都度調べながら事業者さんに寄り添うのが正解だと思うにゃ。

窓口業務は大変になっている
  • 制度が多すぎて全部把握は無理
    • 国の制度、都道府県の制度、その他地方自治体の制度
    • 財団などの制度 (例えば東京しごと財団)
    • 補助金 助成金 給付金 協力金 支援金
    • 他にも無数にある
  • 分からないことがあれば、その場ですぐ調べる姿勢が大事
  • 複雑なことは顧客の前でスピーカーホンで公式に電話で問い合わせるのが無難